コンセプトとイメージ

店舗デザインは、ターゲット層に合ったコンセプトや、お店の雰囲気づくりと言ったものに大きく影響すると言えるのではないでしょうか。
広く接客業で重視されている「QSCA」と呼ばれるQ=クオリティー、 S=サービス、C=クリンネス、A=アトモスフィアーの内、C=クリンネスと呼ばれる「清潔感」と、A=アトモスフィアーと呼ばれる「雰囲気」にも該当すると言えるでしょう。

外装と内装の二つの点からデザインの重要なポイントを確認して行きましょう。

外観のデザインといった視点で大切とされるのは、何と言っても「目立つ」ことではないでしょうか。これは、派手という意味ではなく、見ただけで店舗のコンセプトが受け取れ、そこに行けば何が手に入るかというイメージが直感的に感じ取れる状態のことを指しているでしょう。 直感的に店のイメージが解り、安心感のある店舗デザインを採用することにより、第一目標である「集客」を得やすくすると言った効果が見られるのではないでしょうか。。外観には、看板やのれんと言ったものも含まれ、物件自体のイメージがコンセプトと違っていたというケースでも、 看板やのれんのデザインや大きさを考えることによって、印象を変えることが可能であると言えるでしょう。もちろん、様々な要因などにより、対応の制限がある場合もあり得るため、立地や物件の検討には充分配慮しておくことは言うまでもないでしょう。

内装のデザインは、コンセプトにくわえ、使いやすさが重要視されてくるのではないでしょうか。そのため「店舗のデザイン」は内装デザインから進める方が多いと言えるでしょう。店舗デザインを成功させるかどうかは、オーナーがしっかりコンセプトを持っていることが重要と言え、開店後の業務、清掃、整備、点検、集客面での効果と言ったシュミレーションをしながら内装デザインを考えられるかがカギとなるのでは無いでしょうか。