支払い

デザインの設計費や工事費といった支払いは、金額が大きいという理由から、分割で支払うというのが一般的とされているようです。
支払いのタイミングとしては、依頼するデザイン事務所や施工会社によって異なる事もあるようですが、デザイン設計費に関しては、基本設計終了時に半額、引渡し時に半額と言った例が多く、工事費に関しても、着工時に半額、引渡し時に半額といった分け方が一般的とされているようです。

店舗工事にかかる費用というのは、実際の工事費用だけではなく、工事内容を決めるためのデザインに掛かる費用や、設計費用、そして実際の施工費、施工に必要な設備を購入するための設備費などが必要になると言えるでしょう。
店舗デザインや施工、設備調達などをそれぞれ別の業者に頼む場合と、ひとつの業者で一括して行ってもらう場合を比較してみると、一つの会社にまとめて依頼すると言ったほうが安く抑えられる事が多いと言えるでしょう。

しかし、そう言った業者の場合、それぞれの専門性がそれほど高くないと言ったデメリットも考えられるため、希望通りの素材が使用できるか、どのようなデザインが可能なのかと言ったように、細部に渡り、しっかりと確認を取って進めていくようにすると良いでしょう。
工事金額の合計は、デザインや、使用する設備などによって変わってくると言え、この費用を抑えたい場合には、安い素材を使ったり、設備を施主支給として中古品を探すなどのアイディア勝負な部分が出てくると言えるのではないでしょうか。
おおよその目安としては、坪単価30万円~50万円前後程度が相場であると想定しておくと良いのではないでしょうか。
もちろん、居抜き物件の場合で、大きな工事が必要ないと言った場合は、これよりも大幅に予算を削減することも可能であると言えるでしょう。

支払いの詳しくところ:店舗の設計/リフォーム/デザインなら東京の株式会社ウエムラデザイン