スケルトン物件の場合の店舗デザイン

スケルトン物件を使用する場合には、少なくともオープン予定日の3ヶ月~4ヶ月前までには、デザイン設計会社を選んで交渉に入ることが望ましいと言えるでしょう。

デザイナーに計画や要望を的確に把握してもらうためには、店のコンセプトを明確にしておくことや、ターゲットとする客層、取り扱いたい、または展開して行きたい商品の内容や特徴といったコンセプトを明確にしておき、デザイナーと共有できるように準備しておくと良いでしょう。

飲食店の場合、メニュー構成などもできていれば、食材や調理法なども伝えると良いでしょう。
説明する際には参考になる写真などを用意するのも良いでしょう。
インテリア雑誌やネットなどから探したり、実際に街を歩くのも勉強になるでしょう。

打ち合わせには契約した物件の図面は必ず持参し、店舗イメージなどと一緒にデザイナーに提示すると良いでしょう。
こちら側のイメージが定まっていなかったり、参考資料などがないといった場合には設計料金が高くなってしまうケースもあるため、準備しておくことが望ましいでしょう。

次に、予算面ですが、こちらは多めに組んでおくことがお勧めでしょう。
できるだけ低く抑えたいと思うのが予算でしょうが、あらかじめ予算の上限をデザイナーに提示することで、複数の予算ごとの提案を出してもらいやすくなるといった利点が挙げられるでしょう。
それらの提案を比較検討することにより、より充実した店舗デザインを練ることができると言えるからです。予算を安くしてしまった場合、全体的に安いレベルのデザインしか提案してくれないことになりかねないでしょう。

また、設計料の支払いは、設計会社と契約した時に半額、竣工時に残額を支払うというのがもっともポピュラーと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です