安さだけで選ばない

大規模な店舗工事が必要という場合には、早めに見積を出してもらい、具体的にかかる期間と金額をしっかりと確認しておく事が大切と言えるでしょう。
この時点で、想定金額よりも高いと言った場合には、遠慮せずもっと安く出来る方法がないかどうか業者さんに相談しましょう。

初期費用は想定以上に膨らむことがないように、余裕をもって慎重に準備を進めるということが大切なのではないでしょうか。

また、事前準備として、内装業者に店舗デザインを依頼する前に、事業計画書を作成し、店舗の内装にかけられる予算を決めておくことは最重要と言えるのではないでしょうか。
これが決まっていないと、業者側も都合の良い提案ばかりをしてきて、的外れなデザインや見積もりをしてしまうといった結果にもなりかねません。
時間も費用も最小限に抑えられるに越したことはないので、細々とした部分もしっかりと把握し、丁寧に決定事項を増やしていく事が大切と言えるでしょう。
このように、オーナー側がしっかりとしたヴィジョンを持っている事がわかれば、業者側もしっかりとした対応で臨んでくれるのではないでしょうか。

店舗オープンの初期費用を押さえる重要なポイントとしては「条件の良いテナントを見つける」「工事業者の選びかた」の二つが挙げられるでしょう。
金額面だけを重視するのではなく、業者の対応と言った面から、相応の金額を提示してくれる業者を選ばなければ、オープン直後から改修工事を行わなくてはならなくなったり、不具合なども見つかってリカバーに費用がかかってしまったりという事態になりかねないでしょう。
計画は安易に進めず、しっかり見極めてから行動していく事が成功のカギと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です