相互的な快適空間を目指す

店舗デザインで一番重要視すべきは「お客さんが心地よい空間」をつくることと言えますが、そこからデザインに着手してしまうと、平均的でなんの個性もないデザインになってしまうという事も考えられるでしょう。こう言ったことを防ぐためには、まず、店のコンセプトや、希望から考え始めて、その後、運営側の動線を考えつつ、お客さんが不自由なく過ごせるよう、お客さんの動作に必要なスペースを考慮して、お互いに理想的な空間になるよう設計しなければならないと言えるのではないでしょうか。例えば、レジの位置や、テーブルやイスの高さなどと言った細部分まで、自身がお客さんに持ってもらいたいイメージに近付けるよう配慮し、快適な空間デザインをつくっていくということが大切なのではないでしょうか。また、立地的な配慮も重要と言えるでしょう。大きな道路に面した路面店といった場合や、すぐ近くにパチンコ店やアミューズメント施設などがあるといった場合には、しっかりと防音対策が必要と言えるでしょう。また、周辺の飲食店の匂いが自店舗に入ってこないかなどといった事も、検証しておくと良いでしょう。こう言った「空間づくり」は、お客さんにとって、長く通うかどうかの判断にも盛り込まれるため、見えない要素ではありますが、忘れずに考慮していくことが重要と言えるでしょう。また、店舗デザインというものは、開業前だけのものではなく、運営しながらも、お客さんの意見や、スタッフの声などを聞き、取り入れていくという事も、より良い店舗への店舗デザインと言えるのではないでしょうか。自信も大切ですが、リアルな声を素直に聞くということが、店舗の発展へと繋がっていくと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です